助成金・支援制度

TOP助成金・支援制度「だいじょうぶだよ!基金」能登半島地震被災者支援団体助成金
災害・復興支援

「だいじょうぶだよ!基金」能登半島地震被災者支援団体助成金

内容
【趣旨】
貧困率が50%程度と高く、平時から余裕のない生活をしているひとり親世帯は、地震により生活が不安定となり困難な避難生活のため子どもと親は心身に影響を受けている。これまでの当団体の聞き取りによると、被災の中心部では、いまだライフラインが調わず困難な生活を強いられている。またこの状況から二次避難を余儀なくされる被災者は住み慣れた土地を離れ、孤立し、収入も絶たれることが予想される。一方被災の中心地だけでなく、広範囲に子どもと親への心身の影響が出ていることが分かる。
ひとり親・子どもたちを支援する団体は支援を模索している状況が伺える。
そこで能登半島地震で被災・影響を受けたひとり親と子どもたちが安心して生活し学べるように応援する活動の初動に対して支援を行う。

【助成金額】
  1団体 上限50万円 総額 500万円 (第2期募集あり ※期日未定)

【対象となる団体・条件】
• ひとり親支援事業を行っている団体(任意団体を含む)。
• 政治活動または営利を目的としないこと。
 ※シングルマザーサポート団体全国協議会の参加団体であることは問いません。
• 法人格をもたない団体の場合、直接に支援を受ける人が 50人以上で、 会則、定款、またはこれに相当する規約などがあること。
• 金銭を管理できる態勢を作り、プロジェクトの記録を保存し成果の報告ができること。
• 助成事業の実施にあたり、当該事業の案内や開催要項などに必ず「NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ だいじょうぶだよ!基金助成事業」と いただくこと、および団体名称 (ロゴ等含む)
• 助成事業名を、NPO 法人 しんぐるまざあず・ふぉーらむ だいじょうぶだよ!基金ホームページで公開、ならびに報告書の提出・事業成果の公表に同意していただけること。
• 助成期間終了後も事業継続の意思があること。
• 助成事業後のオンラインの意見交換会に出席のこと。

【助成対象事業】
令和6年能登半島地震により被災・影響を受けたひとり親と子どもたち等(以下ひとり親世帯等)に対する以下の事業

•食料・物資等支援事業
•子ども対象の保育・学習支援等事業
•居住等支援事業・相談等支援事業
•就労支援等事業
•情報提供等の事業
• そのほかの目的に合致する支援事業

 ※助成対象団体自らが実施する事業について助成を行う。
 ※公序良俗に反する活動については支援しない。

例)
 能登地震で困難を抱えるひとり親世帯等への食料支援、居場所支援、保育支援、居住支援等

【募集】
募集 2024年1月19日(金)~3月11日(月)
(第2期募集あり ※期日未定)
随時募集をし、申請書等別途決める必要書類を提出し、応募ごとに選考委員により選考する。
選考後すみやかに助成金を送付する。

【助成対象項目】
事業に必要な人件費、謝金、物品費、消耗品費、使用料、送料通信費、その他とする。
全体の15%を上限に団体の管理費として計上することができる。

【事業実施期間】
実施期間 2024年6月30日まで

※事業終了後 1か月以内に報告書を提出してください。


※詳細はURLをご覧ください。
募集期間
2024.01.19 ~ 2024.03.11
実施団体
特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
URL
ファイル
お問い合わせ先
特定非営利活動法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ
E-mail: josei@single-mama.com

その他の「災害・復興支援」の助成金情報

該当するデータがありません