イベント・講座情報

TOPイベント・講座情報気候市民サミット2020(オンライン) ~脱炭素への確かな道筋~
環境保全

気候市民サミット2020(オンライン) ~脱炭素への確かな道筋~

2020.11.24
内容
趣旨
気候の危機を回避しパリ協定の目標を達成するためには、あらゆる地域・主体で脱炭素を実現する必要があります。国内では、低い削減目標、原発・石炭依存のエネルギー政策など世界からも取り残される状況が続いてきました。ようやく「2050年実質ゼロをめざす」との表明があり、地域の2050年排出ゼロ宣言も増加しています。今こそ、科学的データに基づいて、失敗の本質を見極め、脱炭素への確かな道筋をつける必要があります。今回は『データでわかる2030年の地球のすがた』著者の夫馬賢治さんの講演をお聞きします。また、国や地域の気候変動対策の現状と課題、最新動向について共有し、地域や市民がどのように脱炭素の達成につなげていくかを考えてみます。

プログラム
基調講演
「データからわかる2030年脱炭素に向けたすがた」
夫馬賢治さん(ニューラル代表取締役)



報告
「2050年脱炭素に向けた現状と課題」
平田仁子さん(気候ネットワーク理事)

「地域からの脱炭素チャレンジ」
木原浩貴さん(たんたんエナジー株式会社代表取締役、京都府地球温暖化防止活動推進センター副センター長)



進行:櫻田彩子さん(エコアナウンサー)
参加費 無料
定員 300名(先着順)
開催期間
2020.11.29 ~ 2020.11.29
時間
14:00 ~ 16:15
主催団体
特定非営利活動法人気候ネットワーク 京都事務所
担当者名
電話番号
075-254-1011
FAX
075-254-1012
メール
kyoto@kikonet.org
URL
登録団体
管理者
会場
開催地域
上越、中越、下越、佐渡、県外
ファイル

その他の「環境保全」のイベント情報

第62回丸の内市民環境フォーラム(オンライン)
令和2年度新たな知と方法を生む地方創生セミナー「未来を拓くローカルSDGs〜環境・経済・社会から考える地域の可能性〜」
「つな環」対談公開/ 生物多様性から考える社会経済のリデザイン
EMECS海洋環境科学セミナー2020“最先端の科学技術と海洋環境研究”