助成金・支援制度

TOP助成金・支援制度大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金
子育て・教育

大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金

内容
大和証券グループは2017年から、持続可能な社会の実現に向けて貢献する活動として、貧困状況下にある子どもの環境改善や貧困の連鎖を防止することを目的に、「大和証券グループ 夢に向かって!こどもスマイルプロジェクト」を開始しました。その一環として、今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による緊急事態を受けて、公益財団法人パブリックリソース財団と協働し、「大和証券グループ未来応援ボンド こども支援団体サステナブル基金」を新たに創設しました。2020年6月に発行した社債「大和証券グループ未来応援ボンド」の手取金の一部を、本基金への寄付金に充当しています。

本基金は、新型コロナウイルスのような感染症の流行や、昨今の豪雨災害、また今後予期される首都直下型地震・南海トラフ地震等の自然災害の発生時においても、子どもが必要な支援を継続的に受けることができるよう、子ども支援団体が平時より団体運営の持続可能性とレジリエンスを高めることを応援してまいります。

<基金の目的>
・経済的に困難な状況下にある子どもの環境改善や貧困の連鎖の防止を目指す団体が、自然災害の発生や感染症の拡大が生じた際にも受益者に対して持続的に支援を届けられるよう、事業継続性を高め組織としてのレジリエンスを向上させることを支援します。
・助成対象団体に対し、年間350万円程度の助成金を提供することを通じ、経済的に困難な状況下にいる子どもに対して、継続的に支援ができる事業モデル・組織モデルを構築することを目的とします。
・民間非営利セクターや政府セクターに対し、広報活動を通じ、基金の活動成果の共有を図ります。

<支援内容>
・1件350万円を上限とする助成金支援
・単年度の助成
・支援団体数:8団体程度/年

<支援対象>
・NPO法人、一般社団法人、社会福祉法人、公益法人などの非営利組織
・助成金は、経済的に困難な状況下にある子どもの生活環境、成長環境の改善や支援事業を実施する団体の、感染症拡大や災害発生時など非常時においても活動を継続できるよう、その基盤づくり(職場のリモートワークや事業のオンライン化、ファンドレイジングのオンライン化、BCP(Business Continuity Plan)の策定などを含む)を目的として、事業実施の継続を可能とする取り組みを対象とします。

<応募期間>
・2021年10月1日(金)〜 2021年10月29日(金)17 : 00まで

<応募方法>
・オンライン…「オンライン応募フォーム」より、案内に沿って応募内容の登録をしてください。
※郵送やメールでの応募は受付対象外となります。必ず応募ページからご応募ください。


※詳細はURLをご覧ください。
募集期間
2021.10.01 ~ 2021.10.29
実施団体
株式会社大和証券グループ本社/公益財団法人パブリックリソース財団
URL
ファイル
お問い合わせ先
応募に関してのお問い合わせは、特設ウェブサイト内の問い合わせフォームからお問い合わせください。
お問い合わせは
2021年 10月 29日 10:00までの受付となります。
※個人情報の取り扱いについてはパブリックリソース財団の個人情報保護方針
https://www.info.public.or.jp/privacy-policy)をご覧ください。

その他の「子育て・教育」の助成金情報

子育て・教育
更新日:2021.04.14
未来のつばさ プロジェクト支援事業 2021
募集締切日2021.10.29
実施団体(公財)楽天 未来のつばさ
子育て・教育
更新日:2021.10.15
「ファミリーマート&むすびえこども食堂助成」 こども食堂の再開支援・感染症対策を応援
募集締切日2021.11.02
実施団体NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ
子育て・教育
更新日:2021.10.13
ニッセイ財団 2022年度 児童・少年の健全育成助成
募集締切日2021.11.16
実施団体公益財団法人日本生命財団
子育て・教育
更新日:2021.09.06
子どもゆめ基金令和4年度助成 一次募集
募集締切日2021.11.30
実施団体独立行政法人 国立青少年教育振興機構