助成金・支援制度

TOP助成金・支援制度2020年度調査研究助成
その他

2020年度調査研究助成

内容
■内容/対象
問題の現場で学び、考え、行動する市民科学者を応援します。

高木仁三郎市民科学基金(高木基金)は、生涯をかけて、原子力時代の一日も
早い終焉を目指し、2000 年 10 月に 62 歳でこの世を去った「市民科学者」、高木仁三郎の
遺志により設立されました。高木仁三郎は自分の遺産を元に基金を設立し、彼の生き方に
共鳴する多くの人から広く寄付を募って、次の時代の「市民科学者」をめざす個人やグルー
プに対し資金面での奨励・育成を行ってほしいとの遺言を残しました。

〇高木基金の目的
高木基金の目的は、現代科学がもたらす問題や脅威に対して、専門的考察に裏付けられ
た批判を行える「市民科学者」を育成・支援することです。
未来を切り拓く科学は、政府や産業界の出資と管理のもとで進められる科学者の職業的
営みからではなく、真の公共性、公益性を体現した市民の自発的活動の中からこそ生まれ
てくるはずだという期待を込めて、高木基金では、NPO・NGOや市民グループで活動
しながら「市民科学者」をめざす人を積極的に応援したいと考えます。

■応募制限
「市民科学」の考え方に基づく調査研究であれば文系・理系は問いません。
大学生・大学院生など若い世代の方からの応募を歓迎します。

■助成金額
助 成 枠      予 算    1件あたりの助成金額

若手研究支援    100万円   30万円まで
調査研究(一般)   600万円   100万円まで
調査研究(継続)   300万円   原則50万円まで
募集期間
2019.11.10 ~ 2019.12.10
実施団体
認定NPO法人高木仁三郎市民科学基金
URL
お問い合わせ先
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル3階
TEL・FAX 03-3358-7064
MAIL info@takagifund.org