助成金・支援制度

TOP助成金・支援制度重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成(2019年度)
健康と福祉

重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成(2019年度)

内容
■内容/対象
【助成概要】

1.助成対象となる事業テーマと活動
重い病気を抱える子どもの学びを支援する活動
重い病気により長期入院や長期療養をしている子どもの、意欲を高め、学びに取り組む手助けとなる
事業を対象とします。「学び」とは知識の獲得だけではなく、子どもの成長を促す豊かな体験や出会いなども含めて、広く捉えています。
特に、課題解決に向けた問題提起やユニークな視点を含んだ企画であり、同じ課題に取り組む人たち
が参考にできるモデルとなることが期待できる活動を対象とします。
<事業例>
・重い病気を抱える子どもの学びの意欲向上やQOL向上につながるプログラムの開発と提供
・長期入院や長期療養によって学びの機会が得にくい子どもへのサポート
・小児病棟や院内学級への、子どもの学びや遊びをサポートする人の育成・研修や派遣
・子どもの学びに向かう環境づくりにつながる家族への支援や、支援者間ネットワークづくり
・重い病気を抱える子どもの学びに関する課題や取り組みの社会発信
・新たな支援者獲得や活動広報の仕組みづくり
など

2.助成対象となる費用
事業費
※組織自体を運営するための費用(管理費)は対象外です。

3.助成対象団体
上記助成テーマで活動を行っている以下の非営利団体
・特定非営利活動法人(NPO)、社団法人、社会福祉法人、財団法人等の非営利的活動を行う団体
・助成期間中の活動について、所定の方法で活動報告を行うことにご了解いただける団体
※原則として営利団体への助成は行いません。特別な事情があれば理由をご明記ください。

4.助成対象となる活動期間
2020年4月1日~2021年3月31日実施の活動

5.助成金額
助成総額 1,000 万円以内
※1 件あたりの金額は規定しませんが、50~200 万円程度を想定しており、申請された内容を審査して、個々に額を決定します。
※収入見込みに自治体の補助金や他の公共法人等の助成金が含まれていても応募できます。

6.選考方法/審査基準
有識者からなる選考委員会により下記の観点で審査し、理事会での決議を経て決定します。
・活動の内容が当財団の助成目的にあっていること
・課題認識から解決の方法に一貫性があり、内容が具体的で実現性が高いこと
・上記に沿った予算の使途が適切に明示されていること
・課題解決に向けた問題提起やユニークな視点を含んだ企画であること
・同じ課題解決に取り組む人たちが参考にできるモデルとなることが期待できること
・活動の成果を、広く周知できること
・助成終了後も継続して活動を行うことが見込めること
・中長期のビジョンがあり、今後の発展性に期待が持てること

7.結果の発表
採択の可否に関わらず、2019年12月末までに申請者全員に文書でお知らせします。
※審査の経緯・決定理由は、採択の可否に関わらずお問い合わせには応じかねますので、あらかじめ
ご了承ください。

8.決定後の義務・条件
・当財団が助成した旨の表示
・当財団が助成した旨の表示場所や方法の事前確認
・活動進捗報告や取材への協力
・活動の中間報告の提出(年1回程度)
・成果報告書の提出
・助成団体交流会や報告会への参加

■応募制限
その他
該当の助成テーマで活動を行っている以下の非営利団体
・特定非営利活動法人(NPO)、社団法人、社会福祉法人、財団法人等の非営利的活動を行う団体
・助成期間中の活動について、所定の方法で活動報告を行うことにご了解いただける団体
※原則として営利団体への助成は行いません。特別な事情があれば理由をご明記ください。

■助成金額
助成金総額: 10,000,000円
1件あたりの上限額: なし
募集期間
2019.08.01 ~ 2019.09.25
実施団体
ベネッセこども基金
URL
お問い合わせ先
TEL:04-7137-2570 (月~金 10:00~17:00)
※祝日、2019年8月12日(月)~8月16日(金)を除く
メールアドレス kodomokikin@grop.co.jp