イベント・講座情報

TOPイベント・講座情報全国ボランタリズム推進団体会議(通称:民ボラ)in大阪(第38回)2日目
その他

全国ボランタリズム推進団体会議(通称:民ボラ)in大阪(第38回)2日目

2021.06.04
内容
ボランタリズムを推し進める上でのいろいろな課題を協議するなかで、ボランティア活動推進団体やNPO支援センターのミッション・運営のあり方を考える場として開催します。理事、監事、ボランティア、事務局員など、民間非営利団体の組織運営にかかわるすべてのみなさまにご注目いただきたいプログラムです。
ふるってご参加ください。

(2日目)
【分科会3】※3・4のいずれかを選択
・テーマ:民間とは?民間性を維持する財源とは?-コロナ禍での事例を基に、民間性を支える財源、脅かす財源を考える-
・事例提供:矢野正広さん(認定NPO法人とちぎボランティアネットワーク理事長)
・事例提供:田辺光正さん(NPO法人山梨県ボランティア協会事務局長)
・事例提供:土屋茂さん(NPO法人にじいろのわ理事長)
・問題提起・コーディネーター:大野覚さん(認定NPO法人茨城NPOセンター・コモンズ事務局長)
・内容:民ボラでは、「民間」であることを大事にしています。そもそもその「民間」性とは何か、その民間性を維持するための財源確保とは、どのような意味があり、どのように財源確保を実現するかを考えます。また、コロナ禍での市民活動支援組織を対象とした調査結果なども活用しながら、今後の中間支援組織の役割や生存戦略を考えます。
・こんな人にオススメ:ボランティアセンター、市民活動センターなど中間支援組織の人など

【分科会4】※3・4のいずれかを選択
・テーマ:ボランティア再考-ボランティアはネコ?ならば、どうすればマネジメントできるのか?-
・ファイター:松原明さん(認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会元代表理事)
・ファイター:早瀬昇さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会理事長)
・司会&つっこみ:鍋嶋洋子さん(認定NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ事務局長)
・内容:早瀬いわく「ボランティアはネコである」。では、気ままなネコに、いかにして、提案する活動メニューをしてもらえるか?ボランティアマネジメントの最大の問題はここにあります。これに対する、一般的な解である共感アプローチ、早瀬が主張する、社会的な意義づけアプローチ。松原が提唱する、協力のテクノロジーによる、相利性アプローチ。この3つの解を整理し、違いを戦わせて、自発性・自律性議論における最大の課題に迫ります。
・こんな人にオススメ:ボランティアマネジメントやコーディネートにおいて、ボランティアの自発性・自律性の尊重、ボランティア参加者の拡大に関して、悩みを抱えている人など

【クロージング発題】
・テーマ:最後のひとりまであきらめない-支援から取りこぼされる地域、人とともに-
・ゲスト:吉椿雅道さん(CODE海外災害援助市民センター事務局長)
・ゲスト:金光敏さん(NPO法人コリアNGOセンター理事兼事務局長)
・問題提起・コーディネーター:青山織衣さん(社会福祉法人大阪ボランティア協会ボランティアコーディネーター)
・内容:「持続可能な開発目標」(SDGs)を中核とする「持続可な開発のための2030アジェンダ」の「行動の10年」がスタートしたことをふまえて、支援から取りこぼされる地域、人を優先して取組むNPO/NGOの実践について、分野を超えて分かち合う機会とします。災害支援、多文化共生、ボランティア活動推進などの現場で、支援から取りこぼされる地域、人を優先して取組むNPO/NGOの実践を聞き、参加者を交えたクロストークセッションを受けて、マインドセットする機会とします。
・こんな人にオススメ:「最後のひとりまであきらめない」を実践している(したい)NPO/NGOの人、テーマに関心のある人など
開催期間
2021.07.04 ~ 2021.07.04
時間
09:00 ~ 12:50
主催団体
社会福祉法人大阪ボランティア協会
担当者名
永井・梅田
電話番号
06-6809-4901
FAX
06-6809-4902
メール
office@osakavol.org
URL
登録団体
管理者
会場
zoom
開催地域
上越、中越、下越、佐渡、県外
ファイル

その他の「その他」のイベント情報

(NPOインターンシップ)コーディネーション×ICTでプログラムを加速する 
秋の助成金応募シーズン到来。プログラムの狙いを理解して提案力を高めよう!
まちからアイデア交換会2021「Boiled Egg」
SDGs研修会キックオフイベント「“SDGs 行動の10年”はビジネスチャンス-課題は社内浸透とパートナーシップ-」