イベント・講座情報

TOPイベント・講座情報「企業の社会貢献活動について」今一度、改めて考える場『 Otemachi Discovery Salon 』開催(第1回テーマ:企業の森)
その他

「企業の社会貢献活動について」今一度、改めて考える場『 Otemachi Discovery Salon 』開催(第1回テーマ:企業の森)

2021.03.02
内容
 企業の社会貢献活動の歴史を振り返えりますと、
1990年のフィランソロピー元年に始まり、
2003年のCSR元年以降、2011年のCSV、2015年の
国連SDGsの採択を踏まえた企業活動が変遷を遂げている状況であり
SDGsの採択以降企業の社会貢献活動と称される事例は
本業を生かした活動内容が散見される状況です。
コロナ禍を通じて、人々や企業等の行動様式や生活様式等
様々な場面で大きく変容している中、
「企業の社会貢献活動について」今一度、改めて企業や
市民活動団体等に所属される様々な立場の方の参加を得て、
その目的や在り方等の本質について意見交換できる場
『Otemachi Discovery Salon』を2ケ月に1度
開催することとなりました。

第1回目の開催概要は、以下の通りです。
参加の皆さまと共に考えて参りたいと思います。

▼テーマ:「災害と林業 企業の森が安全であるために」

▼対 象
 今回のテーマ『災害と林業 企業の森が安全であるために』に
基づいて「企業の社会貢献活動の目的や在り方等の本質」について
今一度改めて考えることにご関心のある企業や市民活動団体等に
所属される様々な立場の方々であればどなたでも

▼定 員
 参加人数につきましては、自由な意見交換の場と考えますので
対面方式で「10名」まで、
 オンライン形式では、「20名」まで、とさせて頂きます。

▼参加費
 個人会員、NPO/団体会員/自治体会員、企業会員の方:
  無料 (※1団体の参加者は2名迄)
 それ以外の方:4,000円
 参加費は事後支払いとして、後日請求書を送付(PDFをメール)
 *キャンセル:
 当日のキャンセルの場合、100%の金額をお支払いいただきます。
 
 ▼第1回目のテーマ「災害と林業 企業の森が安全であるために」の狙い
 1990年代に始まった「企業の森づくり運動」は、
地球規模での環境問題が顕在化し、CSR活動/SDGsの
採択を受けての企業の取り組みが飛躍的な発展を見せる中、
様々な形態の取り組みが進められています。
 現行の林業政策では、山林所有者の多くが、森林組合や
管理施工業者に管理作業を委託する他社依存型の林業と
なっており、これらが「土砂災害の発生を防ぐ機能」の衰
退を招く要因となり、自然災害の甚大化を招いていると考えられています。
こうした林業に対して、限られた森林の経営や管理、施業を
山林所有者自ら行い、森林から持続的に収入を得ていくという
「自伐型林業」が、徐々に全国各地に広がりを見せています。
その地形に適合した豪雨でも崩壊しない作業道づくりを行い、
木を1本ずつ選別し持続的に良木を育成していく等、
「土砂災害防止機能」を最大限に活用する管理・施業を行っています。
 「災害と林業 企業の森が安全であるために」というテーマを
通して、「企業の森づくり」を含めて
企業の社会貢献活動の目的や在り方の本質等について
意見交換ができればと考えます。

▼ゲストスピーカー:中嶋 健造(なかじまけんぞう)氏
 特定非営利活動法人 自伐型林業推進協議会(https://zibatsu.jp/
代表理事

・ご参考
 ZIBATSU ニュース(自伐型林業推進協会)
 https://zibatsu.jp/info/news/zibatsu-news

▼コーディネーター:田尻 佳史(たじりよしふみ) 
 特定非営利活動法人 日本NPOセンター(https://www.jnpoc.ne.jp/
常務理事
開催期間
2021.03.22 ~ 2021.03.22
時間
16:00 ~ 18:00
主催団体
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
担当者名
電話番号
03-3510-0855
FAX
メール
dialogue@jnpoc.ne.jp
URL
登録団体
管理者
会場
zoom
開催地域
上越、中越、下越、佐渡、県外
ファイル

その他の「その他」のイベント情報

掲載率No.1の@Pressが教える、プレスリリースの書き方講座
JCNE・NPOセミナー「ガバナンスの考え方」~NPOのガバナンスの根幹を学ぶ~
「誕生日寄付」ミニセミナー ~“育ち”に支えを必要とする子どもたち~ZOOMによるオンライン開催
2021にいがた協同集会