にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2019.02.08

【法人のたまご】Vol.797 特定非営利活動法人 建築・住教育研究会-10分の1組立住宅模型を使った

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           特定非営利活動法人 建築・住教育研究会-10分の1組立住宅模型を使った
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●代表者:後藤 哲男

●所在地:長岡市渡里町4番16号

●NPO法上の特定非営利活動の種類
(2)社会教育の推進を図る活動
(3)まちづくりの推進を図る活動
(6)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(7)環境の保全を図る活動
(9)地域安全活動
(13)子どもの健全育成を図る活動
(15)科学技術の振興を図る活動

●定款に記載された目的
この法人は、主に小・中・高校生を対象にして、建築の耐震化の仕組みや省エネの方法を体験的に理解し、その知識を一生持ち続けることのできるような教育方法を研究、実践し、それに伴う事業を行うことを目的にする。地球人全員が努力しなくてはならない地球の持続可能性を維持すること、大災害から身を守ること、及び応用力に富み、物事について多角的、複合的な観点から捉え、総合的に把握する能力を鍛え、建築をはじめ科学技術に関する向学心に満ちた子ども達の養成を目指すものである。

●事業内容:
【特定非営利活動に係る事業】
)漂匐軌蕕箏築・住教育を志す人々と連携し、その教育方法に関する情報交換をし、専門的な知識を誰でもが理解できる座学での教育方法と体験的な講座実践の方法を研究する。
建築領域における領域横断的な総合できな視点を持ち、子ども達に能動的な学習姿勢を醸成させる講座内容とする。小・中・高校生を対象に開発された建築講座を求めに応じて広く実践し、防災や建築に関する知識を教養として一生持ち続け、地球の将来を考え、災害時の自己判断力を持つことができる青少年を育成する。
新潟県内の中学校・高校の生徒に積極的に受講機会を提供し、要請があれば対象地を全国に広めるものとする。
ぐ幣紊慮Φ罅実践活動で作りあげられる模型や実験装置の商品化が必要な時はその事業化(販売または賃貸)の可能性を探る。
グ幣紊瞭睛討魄刷媒体やインターネット等を通して広く発信する。
Δ修梁勝‖3条の目的に関連した事業を行う。

●会員の種類:
正会員(個人) 入会金0円 年会費3,000円
正会員(団体) 入会金0円 年会費20,000円

TOPへ戻る 一覧へ戻る