にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2018.07.06

【開催報告】にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション 新発田会場

 6月20日(水)、新発田市にあるイクネスしばたにて「にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション」が開催された。主催は新潟ろうきん福祉財団。参加者は地域活性化に取り組む団体の方や行政職員、農家などだった。

にいがた旬塾2018は、「農」と「食」の背後にあるストーリー、生産者と消費者の関係性を紡ぎなおし、新たな価値を創造している取り組みを学ぶことを通じて、地域における「農」や「食」を捉えなおそうという趣旨で行われた。

内容は3部構成になっており、第1部では新潟ろうきん福祉財団の「地域社会創造助成事業」についての話。第2部ではゲストの中山拓郎さんから給食用食材の納入など行う会社「Daisy Fresh」、オーガニック食品の販売等を行う店舗「ChaviPelto」についての講演。第3部では参加者同士の話し合いの場「地域づくりの情報交換会」が行われた。

参加者からは「講演がすごく良かった」、「農業の考え方を変えると色々なことができる」や、「新発田地域の人とのつながりができるのは良いと思う」などの感想があがった。

新潟ろうきん福祉財団では、“自立した持続可能な地域社会”づくりを支援する取組を今後も行っていく。7月には、地域住民や外部の協力者・顧客を取り込むために必須となる実践的なコーディネート技術を学ぶため、「地域づくりコーディネーター養成講座」が開かれる。

地域づくりに携わる方、興味のある方は新潟ろうきん福祉財団の事業をのぞいてみてはいかがだろうか。



・にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション 
https://goo.gl/RGa17p

・新潟ろうきん福祉財団 
http://zaidan-hukushi.or.jp/


(2018/6/21 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る