にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2018.06.21

【開催報告】にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション 加茂会場

 6月14日(木)、加茂市にある加茂市産業センターにて「にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション」が開催された。主催は新潟ろうきん福祉財団。参加者は行政職員やNPO関係者、学生などだった。

にいがた旬塾2018は、「農」と「食」の背後にあるストーリー、生産者と消費者の関係性を紡ぎなおし、新たな価値を創造している取り組みを学ぶことを通じて、地域における「農」や「食」を捉えなおそうという趣旨で行われた。

内容は3部構成になっており、第1部では新潟ろうきん福祉財団様の「地域社会創造助成事業」についての話。第2部ではゲストの山倉あゆみさんからフードユニット「DAIDOCO」、岩室の古民家を活用したレストラン『灯りの食邸KOKAJIYA』、『三条スパイス研究所』などについての講演。第3部では参加者同士の話し合いの場「地域づくりの情報交換会」が行われた。

参加者からは「自分の周りをもっともっと見つめ直していきたい」、「いろんな人とつながりをもっていくと面白いことができそう」などの感想が上がった。


次回の開催は6月20日(イクネスしばた)。ゲストでお呼びしているのは、独自のルートを開拓し、作る人・食べる人が繋がるネットワークを構築している中山拓郎さん。新しいスタイルの都市型農業を実践中だそうだ。以下のURLからお申込みできるので、ぜひ参加してほしい。


・にいがた旬塾2018「農」と「食」のイノベーション 
https://goo.gl/RGa17p

・新潟ろうきん福祉財団 
http://zaidan-hukushi.or.jp/


(2018/6/20 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る