にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2018.04.10

【開催】ソーシャルビジネスセミナー「スマイル日光プロジェクトに学ぶ、社会貢献とビジネスを両立する方法」

平成30年3月20日(火)、新潟ユニゾンプラザ(新潟市中央区)にてソーシャルビジネスセミナー2018 「にいがた寄付マルシェプロジェクト〜スマイル日光プロジェクトに学ぶ、社会貢献とビジネスを両立する方法〜」が開催された。主催は、にいがたソーシャルビジネス支援ネットワーク(愛称:SIP)。後援は新潟商工会議所。参加者は金融機関や保険会社、食品販売といった一般企業からNPO団体まで、社会貢献とビジネスの融合を目指す様々な業種の人たち25名が参加した。

今回は株式会社PubliCo代表取締役CEOであり、スマイル日光プロジェクトのアドバイザーとして活動をしている長浜洋二氏を講師に迎え、寄付つき商品開発(コーズマーケティング)について同プロジェクトの事例を交えつつ、自社にできる商品開発を考えた。

コーズマーケティングとは、企業の特定の商品やサービスを購入することが社会貢献につながるというマーケティング手法のことだ。企業が環境問題をはじめとしたさまざまな社会課題に積極的な取り組みを社会にアピールしながら、同時に利益の獲得を実現することを目指す。

具体的な事例として、講師の長浜氏からスマイル日光プロジェクトが紹介された。日光市内の企業がプロジェクトチームに参加し、初めは7社からスタートし現在27社が寄付つき商品開発を行っている。複数の企業による協働で行ったことで社会的なインパクトを広げることにもつながったという。

当初は寄付つき商品開発という金銭支援のみであったが、活動を行う中で企業の専門性を活かした人的支援(プロボノ)を行うようになり、さらなる地域貢献につながった。現在は持続可能な開発目標(SDGs)を元に、本業と社会貢献を繋げられるよう動き出している。

最後には講義のまとめとして、他者の意見を聞きながら、それぞれの企業が自分たちにできる範囲の寄付つき商品を具体的に考えるワークショップを行った。

参加者からは「一日を通してより深く学んでみたいと思った」や、「コーズマーケティングについて知識を整理することができた」「具体的な企画案にしていきたい」「セミナーの開催を継続してほしい」といった感想が挙げられた。

ソーシャルビジネスに興味関心のある方はぜひソーシャルビジネス支援ネットワークに連絡してほしい。

・ソーシャルビジネス支援ネットワーク(愛称:SIP)
https://goo.gl/9W9MrR



TOPへ戻る 一覧へ戻る