にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
住総研 研究・実践助成
 
  ■応募・問合せ先:
一般財団法人 住総研  研究・実践助成担当宛
2017年7月事務所移転のため、住所・電話・FAX番号が変わりました。
〒103-0027東京都中央区区日本橋3丁目12番2号 朝日ビルヂング2階
TEL 03-3475-3078  FAX 03-3275-3079
E-mail:kenkyu★jusoken.or.jp (★を@にかえてください)

※注意
E-mailのkenkyu★jusoken.or.jp(★を@にかえてください)にお問い合わせの際は、迷惑メール防止のため、必ず件名の頭に「住総研」とつけて送信してください。

■応募締切:
2017年10月1日〜2018年1月31日

■趣旨:
住関係分野における研究の発展や研究者の育成および支援の観点から、将来の「住生活の向上」に役立つ内容で、学術的に質が高く、社会的要請の強い又は先見性や発展性が期待できる研究もしくは、実践活動に対して助成します。
毎年10月に公募、選考委員会(研究運営委員会)によって20件程度(研究・実践助成合わせて)を選考し、100万円/件を上限として助成します。

■募集対象:
※注意 申請は、A.研究助成、B.実践助成どちらか一方の応募とし、1グループにつき1件までとします。

<研究助成>
「住生活の向上に寄与する住関連分野の研究」とし、他分野に及ぶ学術的な研究などを含み、未発表のものを助成します。助成対象は、「重点テーマに係わる研究」、「自由なテーマでの研究」のいずれでも可とします。
「重点テーマ」とは、その年度の住総研の活動の焦点となるもので、本年度は次のとおりです。
詳細については、以下A-4.「重点テーマ」・「要旨」・「キーワード」についてを参照してください。


<実践助成>
「住生活の向上に寄与する住関連分野の実践活動」とし、学術的な研究を伴う試行中または運営中の実践活動に対して助成します。
実践活動とは、例えば、住宅建築計画、住環境関連などの分野、およびまちづくり活動、施設等での住まい方の試み等で、以下2.1の基準を満たし、その実践活動が、他の類似の活動にも「応用」・「水平展開」できる活動を指します。
なお、学術的な研究とは、方法論として体系化され整理されている活動とします。
 
締切日 2018/01/31
関連リンク 住総研ホームページ 助成事業
 

TOPへ戻る 一覧へ戻る